肌の跡を目立たなくする美容ステロイド注射の効果

激しい炎症を起こしているニキビやクレーターのように変化してしまったもの、皮膚に残ってしまったニキビ跡を治すために、美容皮膚科においてステロイド注射を使った治療が行われています。徐々に目立たなく自然な肌の状態に近づけることができるため、他にも傷あとや手術痕などケロイドが発生した部分に注射し、回復させていくことを目指す方法です。広範囲には向いておらず、副作用の心配もあるため限られた量しか注入できないため、何度か通院が必要になります。

アトピー性皮膚炎の際にもステロイド注射が治療に用いられてきましたが、一部の報道で悪化させるなどと報じられたこともあり、利用を避けたい患者さんも増えています。そもそもステロイド注射はアトピー性皮膚炎を完治させるものではなく、症状を和らげるために使われるものなので、きちんとした治療方法と併用しなければ治りません。

美容に用いるクリームに、脱ステロイドとして利用できる商品がテレビ通販で販売されて話題になりましたが、これも肌のかゆみや状態を落ち着かせるものであって、アトピー性皮膚炎が完治するものではないので、勘違いした患者さんが治療を疎かにしたりしたり止めるなどして症状が悪化した人もいます。製品の説明にも、医薬品ではなく美容液だという説明が書かれてテレビ通販がされていますから注意しましょう。

テレビ通販で売られている脱ステロイド系のクリームは、あくまでも美容製品ということを忘れず、利用するときには医師に相談を行いアトピー性皮膚炎の完治を目指す治療と合わせて併用するべきです。含まれている成分が肌に合わない場合もあるので、医師に確かめてから利用を開始したほうが肌にとっても良い結果となります。