ピーリング効果のあるベンザックACジェル2.5%

ヒトプラセンタは気になるシミやシワに効く
↑シミやシワだけでなくニキビ跡の回復の効果もある治療薬です

ベンザックACジェル2.5%とは、フランスのGalderma社が製造しているニキビ治療薬で、有効成分は過酸化ベンゾイルです。
ベンザックACジェル2.5%は、日本では未認可ですが、個人輸入であれば日本にいながら購入できます。
市販の洗顔料や抗生物質では解消できないニキビにも効果があり、既に欧米では一般的なニキビ治療薬として広く浸透しています。
過酸化ベンゾイルの含有量の違いで、ベンザックACジェル5%もあり、欧米人の肌に比べ、キメ細やかで繊細な日本人の肌には、ベンザックACジェル2.5%がお勧めです。
有効成分の過酸化ベンゾイルは、日本国内では一部の皮膚科医院が保険適用外で使用しているだけですが、国際基準のニキビ薬として認知されています。
過酸化ベンゾイルには、乾燥促進作用、殺菌作用、ピーリング効果(皮膚表面の不要な角質を取り除くこと)があります。
過酸化ベンゾイルは、白ニキビや黒ニキビの治療には強力な効果を発揮しますが、ピーリング効果が強いため、炎症を起こしたニキビには向きません。
また、敏感肌の方は腫れや痒みを引き起こす可能性があり、既に炎症を起こしている場合も、症状を悪化させる恐れがあります。
使用する際は、パッチテストでアレルギーがないか調べます。
マイルドな洗顔料で優しく洗顔し、洗顔後10~15分置いて、十分肌が乾燥してからベンザックACジェル2.5%を塗ります。
塗る場所は、目の周りを除く、ニキビ又はニキビが出来やすい部位全体にまんべんなく塗ります。
過酸化ベンゾイルは、肌に塗れば勝手に浸透していくので、力を入れず軽く塗ります。
最初は少量からが基本です。最初の1週間は、1日1回、洗顔後に少量を使用します。2週目からは1日2回、1ヶ月ほどかけて徐々に量を増やしていきます。
ベンザックACジェル2.5%を使用中は、皮膚が敏感になるので、必ず日焼け止めを使用しましょう。

■にきび治療を考えているなら
ニキビ治療にベンザックACジェル
■ニキビ治療に有効な成分です
アゼライク酸